about

神結(かみむすひ)は、古より日本に伝わる祓いの装飾、神の依り代「大麻飾り」を販売しています。

当店の大麻飾りは、特等級の野州麻(やしゅうあさ)の精麻だけを使用しています。
製作過程においては、精麻を高天彦神社の清水でなめしてから、ひとつひとつ全て手作業にてお作りしております。

大麻は、古より「海水でも祓いきれない穢れを祓う」役割を担った 「祓い清めのツール」として御神事で使われてきた植物です。
今日でも神社のしめ縄や鈴の緒に使われていますが、 その事を知っている日本人はほとんどおりません

大麻にはいくつかの有用な活用法があり、一般的には御存知のように葉の薬理効果が知られています。
日本では大麻の葉を所持しますと大麻取締法で罰せられますが、諸外国では医療に応用されてもいます。

しかし、大麻の本領は、茎の靭皮(じんぴ)を剥がした光り輝やく精麻した繊維の部分にあります。(当然ですが、茎の部位は大麻取締法で取り締まられておりません。)

日本では、この繊維を「精麻(せいま)」と云い、祓い清めのパワーを秘めた大麻の一番大切な部位になります。
大麻飾りは、この精麻だけを用い、根源的な宇宙の光と水、そして大麻を融合させた古来から伝わる神聖な御飾りなのです。